バス釣りあれこれ

バス釣りのシーズナル【11月&12月編】オカッパリ攻略法

皆さんこんにちは!埼玉バス釣り人のウォーカーです。

今回はバス釣りのシーズナルパターン11月&12月編です。

日照時間が分かりやすく短くなってくる時期です。朝夕は冷え込んでいよいよ冬の到来を意識し始めますよね。

それでもまだ水中のバス達はまだ動ける個体も多い為、巻物中心のハイテンポな釣りで結果が得られる事も多いですよ!!

本記事で分かる事

11月&12月にバスを釣る為の狙うポイント、オススメのルアーや使い方などのオカッパリからの攻略法をまとめました。これからバス釣りを始めてみようという方や、久しぶりにバス釣りに行かれる方のヒントになれば幸いです。

それではどーぞ♪

【11月】の攻略方法

狙うポイント

だんだんと寒くなりアングラーも朝起きるのが辛くなってくるのですが、バスの活性自体は非常に高く、まだまだ食欲旺盛な時期になっています。

秋はバスの居場所を特定しにくいのが難しい所。シャローで食ってくるのか、あるいは冬の釣り場になるような深場に近い所なのか。バスの居場所を探しながらどんどん移動しましょう。バスの居場所を見つければ連発もありえます!!

秋はターンオーバー現象が有名ですが、口を使うバスを見つければ普通に釣れるはずです!いろいろな場所にラン&ガンしてみて下さい。

11月オススメルアー

スイムジグ

O.S.PのHPより引用

11月中は、あちこちに水草の枯れ残りがありトレブルフック付きのハードルアーを引いたのでは、枯れ残りがフックに絡んで釣りにならなくなります。そこでオススメなのがスリ抜け能力の高いスイムジグです。

この時期はまだ水温がまだ落ち切っておらず、バスの活性も残っています。スイムジグを投げたらそのままボトムまで沈め、水深の半分からボトムまでのレンジをただ巻きします。フォール中や、着底時、そしてただ巻き中などどこでも食ってくる可能性があります。

そして当日のバスの好みを判断するうえでもこのスイムジグは有効で、フォール中にバイトが多発するならワームのノーシンカーリグにしてみたり、ただ巻きに反応するなら巻き物系ルアーに替える判断ができたりします。

バイブレーション

一誠HPより引用

スイムジグやチャター系を使って釣りをしていると、「アタリはあるのに乗らない・・・」といった状況に出くわす事もあります。

そんな時に有効なのが、トレブルフック付きのバイブレーションです。元々、秋シーズンに実績のあるルアーで、しかも口をあまり開けないような小さなバイトも、その口元にトレブルフックを絡められることが出来ます。

基本的操作としては一定のスピードで巻き続ける事が肝になります。攻めるレンジは、水深の半分からボトムまでを攻めましょう。ただ巻き中にボトムに当たると瞬間的にバランスを崩し、それが釣れるアクションになります。

バックスライドセッティング

ハイドアップHPより引用

秋といえば巻き物ですが、日によってはどうにも食わせられない事があります。そんな時はゆっくりふんわり落ちるモノを試してみましょう。バックスライドセッティングがハマる事もしばしばありますよ!

操作方法は夏に使っていたような使い方でOKです。投げて沈めるだけの簡単作業。また秋は水際のアシが倒れてきて巻き物では根がかってしまうような場所を重点的に探るのもアリです。

ボトムまでゆっくり沈めて、1m位ズル引いたら回収する。カバー撃ちならどんどん次のカバーを撃つべし。沖で小魚を捕食しているバスを釣るときは何度か同じ所を攻めるのも効果的です。

【12月】の攻略方法

狙うポイント

12月もバスは元気にエサを追います。ただ、この頃から『今日はちょっと地合いが短いな』という日が増えてきます。

また、12月頭と下旬とでは冷え込み具合もかなり違ってきます。12月前半は11月の延長で釣れますが、後半になるとそれまで反応が良かったボリュームのあるルアーにアタリが出にくくなる。

全国的にはボリュームの小さいルアーに反応が集まる傾向が高くなります。そしてバスが冬のエリアに集まり始めるのもこの時期。

秋の序盤より狙い所が明確になってきて、ニアディープ、もしくは深場と浅場の水深が切り替わるあたりが狙い目です。

12月オススメルアー

メタルバイブ

メタルバイブは真冬に使用するイメージが強いですが、実は一年を通して良く釣れます、

基本的な操作は低層をただ巻きするか、リフト&フォールでリアクション的に口を使わせるかになります。リフト&フォールの操作法は、竿先でブルブルという振動を感じつつ、ロッドを1メートルあおったら、そのまま竿先を下げて再び元のレンジまで沈めるだけです。

バイブレーション

レイドジャパンHPより引用

12月に入ると地合いが短くなり、ワンバイトが貴重になってきます。それゆえに小さなアタリを絡め取れるトレブルフックが意味を持ってきます。

バイブレーションの操作法は2つで、ひとつは軽くボトムタッチしながらの巻き。低層を引いてくるのがポイントです。そしてふたつめはリフト&フォールです。

巻きで当たらないときは、竿先で1メートルほど持ち上げては落とすを繰り返します。釣行当日どちらも試してみて下さい。

スモールラバージグ

魚が確実にいる場所で試したいのがスモラバです。『普段なら釣れるのに、今日はアタリすらない』なんて状況で有効です。

スモラバをボトムまで沈めたら、1秒に1回くらいのロングシェイクで誘います。ボトムでラバースカートだけを揺らすようなイメージです。なるべく移動させずに、同じ場所で揺らし続けましょう。

ボトムでじっくり誘う釣りは、アングラーが集中力を失いがちですが、諦めずに動かし続けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?11月・12月のバス釣りオカッパリ攻略法でした。

どんなルアーがいいか。どんな場所を狙えばいいかイメージが湧かない方の参考になれば幸いです。

寒い時期ですが、熱いハートを持ってバス釣りへ行きましょう!!

それでは良いバスフィッシングライフを!!

関連する動画はコチラ