バス釣りあれこれ

バス釣りのシーズナル【7月&8月編】オカッパリ攻略法

皆さんこんにちは!埼玉バス釣り人のウォーカーです。

今回はバス釣りのシーズナルパターン7月&8月編です。梅雨が明けて日本はギラギラ太陽で本格的に「夏」に突入!!筆者はサザンオールスターズやTUBEが聞きたくなりますw

さてフィールドは気温上昇に伴い「水温」もグングンと上昇。暑くなると人間と同じでバスも涼しい場所に行きたくなります。そんなポイントを理解していればバスのキャッチ率も格段にアップしますよ♪

本記事で分かる事

7月&8月にバスを釣る為の狙うポイント、オススメのルアー、水温変化の考え方などのオカッパリからの攻略法をまとめました。これからバス釣りを始めてみようという方や、久しぶりにバス釣りに行かれる方のヒントになれば幸いです。

それではどーぞ。

【7月】の攻略方法

狙うポイント

6月から引き続き、1年で最もバスが釣りやすい時期といえます。大きなバスはシェードや流れのある場所に着いたりしますが、小バスは何もないシャローに浮いていたりします。

ひとまずバスを釣りたいのであればシャローの小バスにライトリグを投入すればとても釣りやすいです。対して中型・大型のバスを狙うのであれば、インレットからの流れがあたるブッシュやシェードなどを狙ってみましょう。

7月は気温が高くなるので気温が高い日が続いた後に、雨が降ったりするとインレットは激熱になるので見逃さないようにしましょう。

6月のように色々な場所にバスが居るという状況から、バスの着き場が少しずつ固まり始めると覚えて釣りをすると、良い釣りが出来る事でしょう。

流れの当たる場所や、シェードなど涼しい場所に狙いを絞って行動すればバスと遭遇する確率はグンとあがります。また流れの当たる場所+シェードといった複合的要素がある場所はさらにバスが居る可能性が高いです。是非チェックしましょう。

7月オススメルアー

チャター

6月にも効果的だったチャターが7月も活躍します。出しどころとしては雨が降った時に、水が濁り出したタイミングでチャターを投げて下さい。

基本的にただ巻きで使えるルアーなので、じっくりした釣りをするのが苦手な方にオススメです。筆者も3年ほど前から夏にチャターが効く事を実感しているのでオススメです。

流れ込みや、障害物周りを攻めてみて下さい。キツイ濁りには強めの波動のチャターがオススメですよ。

ミノー

流れが効いている場所、もしくは付近に小魚の群れを見つけた時はミノーの出番です。速巻きで表層を探るイメージで使用してみて下さい。ルアーを見切らせず、小魚が逃げる様子を演出できるので、バイトを引き出せる可能性が高いです。

この時期にミノーを使用される方は少ない為、ハマれば数釣りも望めます。小型のミノーをチョイスすればバスのサイズを問わずに釣れますよ。

スプリットショットリグ

スローに誘えるスプリットショットリグも効果的です

シンカーとワームの距離は20~50㎝間隔をあけてあげる事でワームがフリーにフワフワと漂ってくれます。

霞水系・野池ならエビ系。リザーバー系ならストレートワームがオススメです。

投げてボトムに着底したら、10~20秒まって反応がなければ少しずる引きをして、それでも反応が無ければ次のポイントへキャストをするイメージで使ってみて下さい。

【8月】の攻略方法

狙うポイント

8月は、シェードやストラクチャーをよりタイトに攻めて下さい。6月・7月はやや大雑把に投げ込んでも釣れやすいのですが、8月になると岸際ピタピタにルアーを撃ちこみ、目の前で誘わないとバイトが引き出せなかったりします。

実は、夏のバスはセレクティブで「ルアーの場所が遠かったり」、「ルアーの色が好みと違っていたり」、「ルアーの種類」を選ぶ傾向=ルアーを見切る傾向にあります。落ち着いて丁寧な誘いを心がける事がポイントになり、最終的にどう食わせるか意識して釣りをすることで釣果に結び付き易くなります。

8月も7月同様に雨が降ったら大チャンスです。インレットにエサが流れてくる事を理解しているバスが指してくるはずです。1度反応がなかった場所でも、時間をおいて再びトライする事が重要です。

タイトなアプローチが8月攻略のキモになってきます。バスの着き場は「涼しい場所」というキーワードがあり、分りやすいのでじっくり丁寧に釣りをして下さい。また人間側が暑さでバテないように水分補給が重要です。脱水症状になったら釣り所ではありません。適度に休憩を取る事を夏のバス釣りでは大切にして下さい。

8月オススメルアー

バックスライドセッティング

シェードの奥の攻略に不可欠なバックスライドセッティング。夏の定番です。フォールでのバイトを取るために油断せずにラインの動きを見ておきましょう。

ナチュラルにバックスライドさせるには、ラインテンションを掛けない事が重要です。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ファットイカ(FAT IKA) 100mm 229 ホットピンク(バブルガムカラー) 07564723

シャッドテールワームの表層引き

野池の水面をヒシなどの水草が覆っていたら、シャッドテールワームのノーシンカーリグをフロッグと同じ要領で引いてみて下さい。ヒシが濃い場合はウェイテッドリグでもOKです。ヒシごとバイトしてくる場合もありますし、ヒシの隙間にワームが到達した時にバイトしてきます。

他のシチュエーションでオススメなのはオーバーハングの下に投げて、表層引きも効果的です。オーバーハングで出来たシェード内でバイトしてくれるはずです。

テキサスリグ

カバー撃ちは夏にも外せない狙い方です。込み入ったカバーはしっかりシェードが形成されているのでバスが着いている事が多いです。カバーの濃さに応じてシンカーウエイトを調整して狙えるテキサスリグが王道の狙い方です。

パンチングという1オンスクラスのシンカーを使って超厚いカバーを突き破らせて狙う釣り方もありますが、その場合ヘビーな専用タックルが必要となります。オカッパリでタックルに制限がある場合は汎用性の高い「M」「MH」のロッドで~10g前後のシンカーで攻められるカバーを狙う方がテンポよく探れるのでバスと出会う確率も上がってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?7月・8月のバス釣りオカッパリ攻略法でした。

どんなルアーがいいか。どんな場所を狙えばいいかイメージが湧かない方の参考になれば幸いです。

近年の日本はかなり気温が高いので脱水症状や熱中症には十分に気を付けて下さい。こまめな水分補給と休憩は必須です。

それでは良いバスフィッシングライフを!!

関連する動画はコチラ