ルアー

【O.S.P】新作ビッグベイト「火蓮⦅かれん⦆」はハードとソフトのハイブリット!!

出典:O.S.P

❝10Years STANDARD❞を掲げブリッツやルドラ、ドライブシリーズにハイピッチャーなど数々の名作を世に送り出し、多くのアングラーから支持を集めているO.S.Pから気になる新作ビッグベイトが登場予定!事前に出ている情報をまとめてみました。

ビッグベイトの名は【火蓮(かれん)】

特徴

新作ビッグベイト火蓮はリップが付いていてハード(ボディ前半)とソフトマテリアル(ボディ後半)のハイブリッド使用でボディ後半に稼働部があり、基本はタダ巻きで絶妙なアクションを出すことが可能のようです。高速巻きでも動きが破綻しないという特徴も持っています。

またスローに巻くことでi字引きも可能になっています。

スペック

  • 全長:7インチ(約180mm)
  • 重量:約50g
  • タイプ:SF(スローフローティング)
  • カラー:未定
  • 価格:未定
  • 発売日:2021年夏予定

パッと見のシルエットは大人気DRTのタイニークラッシュに似ています。霞ケ浦水系でも釣果報告を聞くので、火蓮も霞ケ浦向きかと思われます。

開発者は?

出典:Basser

開発者は小林明人(こばやしあきひと)さんです。国内トーナメントアングラーであり、多くのO.S.P名作ソフトベイトを生み出す凄腕のルアーデザイナーです。

ちなみに小林明人さんが生み出したルアーの代表作がコチラです。

  • ドライブビーバー
  • ドライブSSギル
  • 3Dワッキー
  • HPミノー

どれも釣れる物で、お世話になっている方も多いのではないでしょうか。そんな人気ルアーデザイナーの小林さんが作る、ビッグベイト火蓮に注目している方が多いのではないでしょうか。

アクションどうよ?

ずばり泳いでる姿はリアルな「魚」です。そしてボディに前後違う素材を使うことで絶妙な波動を生んでいると考えられます。

またリップが付いている事でカバー回避能力もあるようです。さらに個人的に驚いたのはスキッピング性能が高い事です。

勿論アングラーのスキルも必要になってきますが、オーバーハングの隙間にスキッピングして奥まで入れられればバスもたまったもんじゃないですね(笑)

開発者のタックルデータ

開発者の小林明人さんが火蓮のテストで使用していたタックルは下記の通りです。

  • ロッド:スティーズ721HMHRB-LMディープストライク(ダイワ)
  • リール:スティーズ100HL(ダイワ)
  • ライン:シューターFCスナイパー14ポンド(サンライン)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。発売予定は2021年の夏という事ですが、個人的にはもっと早く発売していただきたいですね。春の霞ケ浦でシャローのビッグベイトパターンに使いたいと妄想をしております。

O.S.Pの新作ビッグベイト火蓮は間違いなく良い釣果をもたらしてくれるはずです。火蓮の動きを見たら欲しくなること間違いなし、是非とも下記動画をチェックしてみて下さい。

それではまた♪

関連する動画はコチラ